英語を活かせる仕事に就きたい人に勧めるピッタリの貿易事務とは?|Go To Work
HOME>トピックス>英語を活かせる仕事に就きたい人に勧めるピッタリの貿易事務とは?

海外に関わる仕事

履歴書

「せっかく身につけた英語のスキルを使って仕事をしたい」という方にピッタリの職種が貿易事務です。一般には経験者のほうが優遇されますが、まったくの未経験でも英語力があれば採用されるチャンスは少なくありません。

実務検定を取得する

女性

貿易事務の仕事は求人サイトなどから探すことができます。「未経験者可」の条件で検索をかければ、多数の会社がヒットします。未経験でも英語力は必須となっていることが多いので、自信のない方は面接の前に参考書を見直しておくとよいでしょう。貿易実務検定試験を受けて資格を取っておけば、英語を含めた専門知識のアピールになり、面接で有利になる場合があります。経験者はこれまでに関わった仕事の内容を、具体的にまとめておくといいです。

業種ごとの違い

大学の英文学科で難解な英文を読んできた方でも、貿易実務が簡単にできるとは限りません。実務では業種ごとに特殊な専門用語があり、これに精通していないと仕事にならないからです。経験者でも業種が変わると、新しい単語を覚えなければならない場合があります。ただし基礎的な英語のスキルさえあれば、専門用語を覚えるのは大して難しくありません。あとは貿易で頻繁に使う単語に慣れれば、スムーズに仕事ができるようになります。

その他の外国語について

たとえば中国語を専門に勉強した方は、中国専門の商社を志望すれば有利かもしれません。ただし貿易事務を行うには、やはり英語の知識が不可欠と言えます。なぜなら貿易に関する国際的なルール(インコタームズ)は英語で書かれており、非英語圏でも採用されているからです。逆に言うと英語ができれば、ほとんどの国との交渉が可能ということになります。専門知識がなくても諦めないで、いろいろな会社の求人を探してみるとよいでしょう。

広告募集中