失敗しない面接試験!まずはよくある質問をシミュレーションしよう!|Go To Work

面接は貴方の人柄を見ている

新たな職場に就職する時に採用担当者はその人がどんな経歴を辿ってきたのか、どんな人柄なのか図る為に面接でいくつかの質問を行います。しっかりと答えれるようにしておくと採用担当者にも好印象を抱かせやすいです。そこで面接時によくある質問のランキングを作ってみました。

面接官からよく聞かれる質問ランキング

no.1

志望動機を教えてください

就職面接で特に多いのがこの質問ですね。どこの会社に行ってもこの質問を聞かれます。志望者の会社に入りたいという熱意をこの質問から面接官は知りたいからです。採用する上でもこの質問の答えを重視している所が多いので、熱意のこもった答えを返せると好印象を持たれやすいです。なのでランキングの1位にしました。

no.2

学生時代に何か打ち込んでいた事はありますか?

面接官はこの質問に物事にどう打ち込んだを見る事で仕事への向き合い方も図っている人が多いです。この質問も面接時にとても多いです。ですが1位の質問よりは多くないのでランキングの2位としました。

no.3

自己PRをお願いします

その人の良さや性格を知るきっかけとしてこの質問を行う企業や会社は多いです。面接時に多い質問ですが、会社によってはこの質問を行わない所もあります。他の質問から就職希望者の人柄を図る会社もあるので1位と2位の質問よりも聞かれる回数のが減るので3位にしました。

事前準備も大切

女性

新卒であっても転職であっても、新しい仕事に就く時避けて通れないのが面接です。筆記の試験よりも緊張してしまうため苦手という人が多いはずです。面接でどんな質問がされるのかあらかじめ予想して回答を考えておいたりする事も有効ですし、簡単なコツを押さえて予期せぬ質問にも無難に回答できるようにしておくことも大切です。そもそも面接は企業の社風にあう人間か、勤務体制に関して企業側と応募人の希望に相違がないかなどを確認する場です。何個質問されるのか等が分かりませんから、自分のアピールしたい事を予め念頭に入れておいて、どんな質問が来ても主張できるようにしましょう。また、自分にとっても企業にとってもネガティブなイメージを与える発言を行わないよう気をつけましょう。

アピールするコツ

面接

昨今の就職における面接では企業側から応募人へ行われる逆質問なるものがあります。特に面接の最後に、「何か聞いておきたい事はないか」と問われる事が多いようです。特に何も聞きたいことがない場合も、回答を使って自分をアピールする事ができる質問でもありますので、予め聞きたい事を準備しておきましょう。例えば、持っている資格を挙げ、資格を仕事に活かす事ができるか。という質問で資格を存分にアピールするのは良い手法です。他にも女性や若年層でも成績次第では昇進ができるか等やる気を見せるのも良いでしょう。

笑顔や姿勢も意識して

履歴書

面接では質問に対して素晴らしい事を回答しようとする必要はありません。また、普段使い慣れないような難しい言葉を使って回答する必要もありません。難しい言葉を使うより、聞き手にも伝わりやすい言葉で話す方が与える印象も良いものになります。一番大切な事は、聞かれたことに対して的確に回答すること。だらだら話さず端的に話すこと。話すときの顔や姿勢にも気をつけ、明るく、口角を意識した発音を意識することや背筋を正すだけでも好印象となります。

広告募集中